株式会社RCワークス

MENU OPEN

[Commitment]RCワークスのこだわり

高耐久住宅がご家族の安心と安全をお約束。
いつまでも快適に暮らせるロングライフ住宅。

高耐久RC住宅で、ご家族に安心と安全を

抜群の耐久性能

コンクリート住宅は、耐久性がとても高いため 50年以上も住み続けることが可能となります。
そのため、建替えにかかるコストを削減でき、建物自体の資産価値の減少も防ぐことができます。
また、住宅ローンの期間よりも住宅の寿命の方が長くなりますので、老後の生活設計やご売却による資金形成などにも大きな効果を発揮します。

ロングライフ住宅で、いつまでも変わらぬ暮らしを

ローコストながら美しい住宅

RCワークスが採用している「RC-Z工法」は、高性能、低コスト、ハイクオリティを同時に実現しつつ、環境面への配慮も行き届いた優れた工法です。「RC-Z工法」は、断熱材の付いた内装下地のボード型枠(内枠)とFRP型枠(外枠)間に直接コンクリートを流し込み躯体をつくるため、内部に空気層のない一体型壁構造を実現しています。他の工法と違い内部に空気層ができないため、躯体を痛める要因となる壁体内結露や、健康に害を及ぼすカビやダニなどが発生いたしません。
また、FRP型枠に直接コンクリートを流し込むため、従来の工法で使用されていたベニア材が不要となりますので、無駄な廃棄物が発生せず、工法全体におけるコスト削減と環境への配慮に貢献しています。
また、「RC-Z工法」では、型枠工事のみでこれまでの工法で必要だったコンクリート構造体・断熱工事・内装下地工事・修正補修工事等、構造躯体の主な工事をすべて代替えできるため、工数削減による大幅なコストダウンを実現しています。
さらに、FRP型枠の優れた剥離性能により、最終的なコンクリート硬化後の表面は、すべすべで美しい打ち肌に仕上がります。これも従来工法では太刀打ちできないレベルにあります。

理想のライフスタイルを実現する

災害からご家族を守る

地震に一番強い構造は、RCワークスが採用している壁式鉄筋コンクリート構造です。通常の骨組み構造の場合、地震の際には骨組みの接合部分などに外力が集中してしまい、吸収しきれずに建物全体が変形してしまうことがあります。
一方、壁式鉄筋コンクリート構造の住宅は、壁面が一体化したコンクリートの壁で構成されているため、外力を面全体で吸収・分散することができます。また、鉄筋コンクリート自体に重量のある剛構造となりますので揺れも少なく、優れた耐震性でご家族を守ります。
すべての住宅におきまして、構造計算による安全性の確認も実施しています。

鉄筋コンクリートは、構造物そのものが不燃材料で、建築基準法の構造区分では、もっとも火災に強いとされる「耐火構造」に区分されています。
1000℃の炎に2時間さらされても燃えることがなく強度も低下しません。火災や延焼からご家族や財産を守ります。

コンクリート壁面

いつでも快適に暮らせる家

遮音性能

コンクリートは他の建築資材と比較して、比重がとても大きい材料ですので、振動の遮断に優れており、抜群の遮音性能を発揮します。
また、天井スラブのコンクリート厚が180~230mmあるため、上下階の衝撃音も遮断することができます。
音楽やテレビやシアターなど、ご家族それぞれの思い通りの暮らしを支えます。

気密・断熱性能

コンクリートは他の建築資材と比較して、熱を貯める量がとても大きい材料ですので、一旦温度が変わるとそのままの温度を保つ能力に優れています。
また、建物内部の外壁に面した壁の内側、各階天井スラブの内側の断熱材(厚さ54㎜)の効果で、外部の温度変化に影響されにくく、室内の快適な温度を長く保つことができます。